fbpx

お客様との関係性(信頼構築)

今日は久しぶりに経営者目線のblogを書きます。
先日あるコンサルティングの先生のお話を聞く機会があり
とても印象的で身が引き締まる思いになった言葉・・・

「中小零細企業(うちも)が軒並み苦しい経営状態にある中で、生き残れるか?
 否か?それを決めるのはキャッシュがあるかどうか!!
 借入などで一時的に凌ぐ事は出来ても、所詮借金・・・
 返済は利益出さなければ、どんどんキャッシュは目減りしていく。
 
 そんな中で、今迄のビジネスの内容がお客様から必要とされ続け
 しっかりと利益を作れていたか?
 それが出来ていた店舗とそうじゃない店舗に2分される」

『言い換えるとお客様との関係性が構築出来ていたかどうか』
 

この言葉を聞き感情と現実を冷静に分けて考えた時、一瞬であらゆることが頭をよぎりました・・・そして『ほんまにその通り!!』
納得してしまいました。
この状況を見てキツイなぁ〜(感情)
過去からの積み重ねの結果(現実)

観光業、飲食業など今回の新型コロナウイルスにより国から休業要請が出ている
業種の経営者の方の心中は察するに余りあります・・・

僕自身小規模美容室の一経営者ですが、美容室は今回の騒動の中でも
休業対象からは外れており十分な感染予防対策が出来ていれば営業する事は
出来ます。

最初の緊急事態宣言が出た時は、流石にお客様もスタッフもピリッと
した雰囲気になってるのが目に見えてわかりましたし、
何かあってからでは遅いかもと考え
自主休業も頭をよぎり、その準備もしました。


どうすればお客様、スタッフが安心できるのか?
その為には何をしないと駄目なのか?
どういう状態になれば休業するべきか?

完璧です!!
とは言えませんが、短期間でやれる事はやりました。

そんな営業体制にも少し慣れてきた中で、
今感じている事とは何か?

「美容室は閉めたらあかん!」

この短期間で沢山のお客様からの声をリアルに聞くことが
出来ました。
「MISONOさん閉めたら私どうしたらええの?」
「こんな頭で居るの我慢出来ひん!」
「1ヶ月に一回の楽しみが無くなる」
「何処も行かんけど、ここには来たい」

一番考えさせられ、一番多かったお声

『こんな大変な中、開けててくれてありがとう』

ほんまに涙が出ます!!!
「必要とされてる」

一美容師としても一経営者としても、こんなにお客様のことを有り難く
感じた事は初めてかも知れません。
(今までの有り難みとは意味が違う)

ここで最初の話に戻ります・・・
お客様との関係性!信頼構築!

一朝一夕で出来るものでもないけど・・・
一人一人のお客様の期待に応え続け、その方の
ライフスタイルに無くてはならないものにまで
レベルアップさせていき、信頼を得ていく。

その先に何が起きても動じない会社の体力が生まれて
来るんだと今、実感しています!!

経済活動は少しづつ自粛制限が解かれ回復してくるのかも
知れませんが、まだまだ予断は許されない状況に変わりは
ないでしょう。

経営者として、益々これからの舵取りは責任重大ですが
『信頼を裏切らない』
『期待に応える』

ここを肝に据えながら、大阪の吉村知事じゃないですが
「未来を見せられる」

その為に必要な戦略を毎日毎日練り上げ、必要な戦術を準備
しています。
最高な未来の為と・・・
最悪な未来の為に・・・
(リスク管理とビジョン管理)

明日も普通に営業出来る事に感謝して

代表 宮川修

滋賀県長浜市にあるMISONO美容室二代目オーナーです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP